FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温める

12月も中旬に入り、今年も残すところあと2週間となりました。
気温もグッと下がり、寒さがこたえますね。
湿度も下がり、インフルエンザやノロウィルスなどが蔓延してくるころでもあります。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。


さて皆さん、寒くなって、体がゾクゾクしたり、手足は冷えてないですか?


冷えると、万物硬くなります。
石でさえ更に硬くなると聞きました。
体の冷えは、末端の手足から冷えてきます。手先足先は毛細血管と言って、文字通り毛のように細い血管です。そうなると温かい血液は行きにくく、冷えやすいのは当然ですね。


しかし、冷える原因はただ寒くて冷えたからというだけではありません。
血管も筋肉です。この筋肉の収縮を調整しているのが、自律神経です。


冷えというのは体にとってはストレスですから、この冷えというストレスが自律神経を刺激して、筋肉を縮めるように作用します。
すると、元々毛のように細い血管には血液が更に回らなくなります。
このようにただ単に寒くなって冷えたから、というだけではないんですね。


また、先程もありましたが冷えはストレスで体にとっては脅威ですから、人間で大事なところを守るように作用します。


大事なところ、それは内臓です。
体が自律神経を使って、内臓に血液を集めるように調整するのです。
手足の冷えにはこういう体の目的があるのです。




寒いところで冷えるのは、ある程度仕方のないことですが、暖かいところでも冷えを感じる方は、自律神経の乱れがあることが多いです。




一日冷えを感じたら、ゆっくりお風呂で温まることをおすすめします。約40度位のお湯に15分位ゆったり浸かると、副交感神経が働きやすくなり、血管も緩んできます。
目安は少し汗がにじむ程度です。


ただ、そのままでると血管が緩んでますから、体温が奪われやすい状態です。浴室から出るときに冷水を足先に少しかけて出たり、部屋を暖めておく、布団に早く入ってしまう、など工夫をしてみてください。




冷えは残さず、その日の冷えはその日のうちにとって、寒い冬を乗り切りましょう!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。