FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体と心

皆さんは、身体と心が繋がっている、ということはなんとなくご存知だと思います。
(実際繋げているのが、全身を調節する自律神経やホルモンです。)

しかし、いざという時、身体と心はどちらが優先されるのか、ご存知でしょうか?

病は気から、というから心が優先じゃないかな!
という方もいらっしゃると思いますが、
実際は、身体が優先されます。


心はいざという時、身を守る為に作用します。
不安にさせて行動を遅らせ、またはしないようにさせ、怒りは相手を威嚇し自分を優位に立たせる。
この様な一見ネガティヴな感情はいざという時の防御システムなのです。


逆に、身体をポジティブにすることで、心は身体を守る必要が無くなりますから、不安や怒りなど、ネガティヴになることが少なくなります。

例えば、

一つ嫌なことを思い浮かべます。

その時、身体の姿勢は丸く頭も下にうつむいておきます。
この時の嫌なことを、1~10段階で評価します。

評価したら、

今度は頭のてっぺんから糸で吊り上げられているような感じで、姿勢をピッと正します。

また同じことを考えます。

考えたら、また10段階で評価します。


どうでしょうか、姿勢の違いで心の状態の変化に気がつくと思います。


このように、身体を積極的にし、整えることで心も変わります。


身体が心を引っ張るのです。


当院では、身体が心を引っ張るということをコンセプトに身体から自律神経やうつの方に施術をしています。


精神的ストレスが原因だとしても、それが100%ということはまずありません。
他にも原因があるはずです。
もっと具体的に言うと、身体のどこかが歪みや過緊張、循環不良などネガティヴになっていることが原因として隠れていることが多いのです。


精神的なものだから仕方ない、自分の心が弱いからなんだ、、と諦めずに、身体も心と関連していることは間違いありませんから、まず身体を良くしていくことを、強くお勧めします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。