FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつの方のからだ

うつはエネルギーの低下で交感神経も副交感神経も働きにくくなった状態と当院では考えています。

毎日施術をしていると、うつの方のからだには共通する点があります。


それは、

うつの方のからだは、とにかく小さいんです。

具体的には、

背が丸く、声が小さい。
呼吸が小さい。
呼吸が小さいので、代謝も小さい。
代謝が小さいというのは、脳にも血流・酸素が少なくなりますから、余計に思考も小さくなります。
脳だけでなく、内臓や筋肉の代謝も小さくなります。
うつはからだを防衛・省エネモードに切り替えて気力・体力が回復するのを待っているのですが、うまく回復軌道に乗れずに、逆に姿勢が悪いままで更に背筋が丸くなる。

という悪循環に入ってしまいます。

つまり、からだもこころも、生きてる世界が小さく小さくまとまってしまっているのです。


では、うつを改善したいのならどうすれば良いのでしょうか。


逆のことをすればいいのです。


背筋を伸ばし、顔を上げ、腕を広げながら大きく深呼吸してみてください。

歩幅を少し広げて歩いてみてください。

腕を大きく振って歩いてみてください。

手足を目一杯広げて大の字に寝てみてください。

腹に胸にいっぱい息を吸って、ワーーッと大声を出してみてください。

からだをダイナミックに使ってみてください。


このように、からだを大きく、ダイナミックに使えるようになると、こころもちゃんと変わります。


うつはエネルギーが低下している状態なので、からだを動かす気力がない状態です。

ですが、動かさないと先ほどの悪循環から抜け出せません。

ただ、急に外に出てウォーキングをしなさい、とは言いません。(出来ると更に良いですが)

まず、大きくからだを使うことを意識してください。

ここが出来るか出来ないかで改善出来るか出来ないかの分岐点になると日々感じています。


うつになったのはこれからは何かを変える必要があるということです。
でも、何を変えたらいいのか分からない方が多いと思います。

長く施術させていただいた私の答えは、

まず、からだから変えていきましょう!

ということです。


これはみなさん是非知っておいていただきたいと思います。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。