FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトプット

こんにちは。
代々木上原健療院の佐藤です。


突然ですが、
皆さんは気持ちのアウトプット、していますか??

よく、
「思っていることがあったら言ったほうがいい」
「感情は外に出した方がいい」
など言われています。

でも、
何となくそうなんだろうな・・・と思っていても、なんでアウトプット
した方がいいのかわからない、という方が多いのではないでしょうか。
今回はそのお話をしたいと思います。


感情はエネルギーです。
感情が湧くからエネルギーも湧いてくるのです。

例えば、社会的に成功されている方は、根底に怒りというエネルギーを秘めている
方が多いです。そのエネルギーで自らを絶えず突き動かしているんですね。
感情があって初めてエネルギーが出てくるんですね。

その湧いてきた感情を出さないでいると、エネルギーも体に籠る事になります。

それを続けるとどうなるでしょうか。。。

圧力鍋みたいにどんどんと体にエネルギーがパンパンになります。
圧力鍋に更に圧力を加えて、圧力を逃がさないようにするとどうなるか、、、


爆発しますね。

でも人間は爆発しません(笑)

気持ちを我慢することを心理用語で抑圧といいますが、
その抑圧を繰り返すと、体は不調を訴えて強制的に心身に休息を求めます。

圧力を抜きなさい、と。


一方、同じように感情を出さないでいると、自分の感情に
気づかなくなる、ということも起こります。

つまり、自分の気持ちが分からなくなるんです。

これも心理用語では解離といいます。
耐え難い嫌なことは感じなくした方が楽だ、と脳は学ぶんですね。
え~?そんなことあるの!?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
本当に分らなくなります。
同時に体への感覚も鈍くなります。

失感情症という症状名もあります。

ここまで症状が進んでいくと、感覚を取り戻すことから始めることになりますが、
それはまたの機会があればお話しするとして、


やっと本題です(笑)
気持ちをアウトプットしていくと、、、

・気持ちが籠らなくなって楽になる
・感情の流れが出てきてエネルギーが湧いてくる
・理解者が出来、孤独感が減る
・考えが整理整頓出来てくる
・気持ちが外交的になってくる
・自分という感覚が得られる
・結果、健康に元気になる
などなど、沢山の良いことがあります。

ただし、言いたいことをただ言うだけだと伝わらないばかりか、
雰囲気を悪くすることにもなるので、伝え方には気をつけてくださいね。
伝え方にもコツがありますので、もし分らない方は是非訊いてくださいね。


時として我慢も大事ですが、し過ぎは毒です。

爆発しないように、
自分を失くさないように、
ご自分の気持ちを大切にして、送り出してあげてください。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。